読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほげたつブログ

Unreal Engine 4 を使ってなんかやります

Havok製モバイル向けゲームエンジン「Project Anarchy」を動かしてみた

Intel傘下Havokの完全無料の3Dエンジンが供用を開始, Unityと並ぶ選択肢に | TechCrunch Japan

HavokがUnityに対抗してゲームエンジンの提供を始めたという事で、チュートリアルをやってみた。

Project Anarchyとは?

以下、公式より抜粋。

Project Anarchyはモバイル端末向けの総合的なゲームエンジンおよび最先端なツールセットです。 また、Project Anarchyユーザーの活発なゲームデベロッパーコミュニティがあり、www.projectanarchy.com/jpにて誰でも参加できます。 Project Anarchyには、iOSAndroid、およびTizenプラットフォーム向けにゲームをリリースできる完全無償ライセンスが付いています。

無料なのに、なんだか凄そう(小並感)

Windowsで開発して、iOSでパブリッシュする時にMacを使うって感じなのか。
個人的にはVisual Studioが使い慣れているので歓迎ですが、若干の面倒臭さは感じますね。
とはいえ無料版でも部分的にソースコードを公開しているようなので、それを見るのも勉強になりそう。
あとUnityと違ってC++で書ける。
(C#でも書けるので、パフォーマンスと開発効率を天秤にかける感じかな)

とりあえずインストールしてみる。

インストール

Download | Project Anarchy
上記のページからインストーラを落とし、手順に従ってインストールを行う。
今回は以下の項目にチェックを入れてインストールした。

Windows

  • Havok Anarchy SDK for Windows
  • Havok Anarchy SDK for Android and Tizen
  • Havok Anarchy Samples for Windows
  • Havok Anarchy Samples for Android and Tizen
  • Havok Animation Studio
  • Scaleform GFx - Windows
  • Scaleform GFx - Android ARM
  • Scaleform GFx - Android x86

Mac

  • Havok Anarchy iOS SDK
  • Havok Anarchy iOS Samples


ひとまず色々と入れてみたけど、結構時間かかった…。
Androidはadt-bundleとかndkとかインストールしておく必要がある(それの手順は省略)

とりあえず動かしてみた

サンプルのソリューションをVS2010で起動。

\AnarchySDK\Workspace\Win32_VS2010_anarchy_DX9_C++\HavokVision_Samples_Win32_VS2010_anarchy_DX9_C++.sln

Totorial01DX9をスタートアッププロジェクトに設定して、ビルド→実行!

Error !

Unable to connect to vForge! Please ensure that vForge is running. (Please refer to the documentation for further information.)

ふむふむ。
vForgeってのを起動しておけばいいのね。

以下のディレクトリにあった。

\AnarchySDK\Bin\win32_vs2010_anarchy\dev_dll\DX9\vForge.exe

vForgeを起動して、再度実行!

f:id:hogetatu:20131223015057j:plain

動いた!

Tutorial01.cpp を見てみると、シーンの読み込みは以下のようになっている。

virtual void Init() HKV_OVERRIDE
{
    LoadScene(VisAppLoadSettings("ViewerMap.vscene", ":havok_sdk/Data/Vision/Samples/Engine/Maps/ViewerMap"));
}


ちなみにViewerMap.vsceneをvForgeで見てみると、

f:id:hogetatu:20131223021904j:plain

まだほとんど見れてないけど、デバッグ機能でリソースのリロードがあったので、VS2010で実行しつつ、vForgeで編集してリロード・確認って感じなのかな。


意外とさっくりサンプルの実行まではいけた。
年末年始と忙しいけど、もうちょっとじっくり見ていきたい。